男性

勤怠管理システムで手間と時間を減らそう|システム活用せよ

レンタルも可能

PC操作

社内管理の一環としてAEDを設置している企業も増えてきています。AEDは購入して設置することも可能ですが、レンタルすることも可能です。設置を検討中であれば、まずはレンタルサービスを利用するのもよいでしょう。

詳細を確認する

多様化している管理方法

会話する人

社員の勤怠状況を管理できるのが、勤怠管理システムです。一昔前まで勤怠管理と言えば、タイムカードが一般的でしたが、タイムカードでは集計に大きな手間がかかってしまいます。そこで活用できるのが、勤怠管理システムなのです。システム化することによって、膨大なデータも簡単に管理することができ、経理や総務の負担も少なくすることができるのです。セキュリティ力が高い勤怠管理システムとして、指紋認証があります。専用の機械に指をかざして指紋を読み取らせることで、勤怠状況を記録することができます。同じ指紋は存在しないので、誰かに改ざんされることもないですし、手軽に認証することができます。手軽に導入したいなら、パソコンでの勤怠管理システムを活用すると良いでしょう。1人1台のパソコンを持っているなら、簡単に利用することができますし、専用の機器を準備する必要もありません。

勤怠管理システムには、クラウド型とパッケージ型という2つの種類があります。クラウド型とは、システムを提供している企業からレンタルするというもので、クラウド型とは自社のためだけに購入して使用するというものです。クラウド型のメリットは、簡単に導入できることです。利用できる環境は既に整っているので、レンタルした即日から利用することができるのです。それに対して、パッケージ型は自由にカスタマイズできる、情報漏えいの心配がないということです。それぞれメリットが異なるので、自社に合った勤怠管理システムを活用すると良いでしょう。

システムの価格

会社員

あらゆる分野で摂り入れられているシステムの中でも、自動制御システムは様々な種類が存在します。最近ではその価格も安くなってきているので、業務の効率化を考えているところは取り入れてみるのも良いでしょう。

詳細を確認する

様々なシステム

デスクワーク

今ではテクノロジーの進化に伴って様々なシステムが開発されていますが、最近ではクラウドサービスを利用するケースが多くあります。多くの企業で導入されている勤怠管理システムもクラウドサービスを利用しています。

詳細を確認する